ケース6出し手・受け手の希望する貸借期間が異なる場合(貸借期間のミスマッチ)

出し手・受け手の希望する貸借期間が異なる場合(貸借期間のミスマッチ) イメージ画像

農地の貸借において、長期の貸付けを望む出し手と短期の借入を望む受け手がいる場合、農地中間管理機構が仲介することで、双方の希望を調整できます。
具体的には、出し手から長期(期間10年間)に農地中間管理機構が借入れ、当面の借り手Aの希望する期間(3年間)貸付けます。
このことにより、出し手は希望する長期の期間にわたって安心して賃料を手にでき、受け手は希望の期間借入れできます。

貸借期間のミスマッチの場合の農地中間管理機構の役割