ケース1農地の出し手や受け手が直接相手と取引したくない場合

農地の出し手や受け手が直接相手と取引したくない場合 イメージ画像

一般に、農地の取引は、出し手と受け手が相対で交渉して行うことが多いのですが、個人対個人の場合には、価格や取引条件などについて面と向かって話しにくいとか、あの人には売りたくない、貸したくないなどの感情が取引に影響を与えます。
このような場合、農地中間管理機構が仲介し、出し手と受け手の間に入ることで、公的信用力を背景に双方に安心感を与え、心理的抵抗感や不安感を解消できます。

当事者間に心理的抵抗感がある場合の農地中間管理機構の役割