結果既に具体的に貸したい農地があり、
耕作者の方との話がまとまっている場合は下記の2つの方法があります。