経営が安定してから買い入れたい!
農地中間管理機構から農地を買い入れる場合に、一定の要件を満たしていれば、農地を一時借入して規模を拡大し、経営が安定してから農地代金を支払うことができます。 一時貸付期間中は賃料の支払いのみとなりますので、規模拡大効果が発揮してから土地代金を支払うことになります。
平成26年度から制度が変わり、一時貸付期間は「5年以内」となりましたが、都道府県知事が特に認める場合には「10年以内」へ延長できます。
なお、一時貸付期間満了後に土地代金を支払う「一時払い型」と、毎年定額を支払い完済時に所有権を移転する「分割払い型」があります。
詳細につきましては、お近くの農地中間管理機構へお問い合わせ下さい。