ケース3受け手が近隣に見当たらない場合

受け手が近隣に見当たらない場合 イメージ画像

出し手はいるものの、近隣の集落又は市町村程度の範囲で受け手が見当たらない場合、農地利用調整活動等との連携により広域的な担い手(受け手)の掘り起こしを行い、農地取引を成立させることができます。
さらに、この広域的な調整機能を活用して、県内の調整はもちろんのこと、県外に対し広く新規就農希望者の募集を行い、新規就業者の定着にも多くの効果を期待できます。

受け手が近隣に見当たらない場合の農地中間管理機構の役割