ケース41人の受け手が、複数の出し手から農地を取得する場合(人数のミスマッチ)

1人の受け手が、複数の出し手から農地を取得する場合(人数のミスマッチ) イメージ画像

農地中間管理機構が、複数の者から農地を買入れ、又は借入れをして、一括して少数の担い手に売渡し、又は貸付けをすることにより、規模拡大や面的集積を一気に行うことができます。
この場合、農地の売買・貸借の手続き面でも、受け手が相対で複数の者と契約する場合に比べて、受け手は農地中間管理機構との契約だけで済むことになり、事務手続きや、その後の契約の履行にかかわる労力等を大幅に軽減できます。

人数のミスマッチの場合の農地中間管理機構の役割