農地を売ったり貸したりする場合には、お互いに契約を結ぶだけでなく、
農地に関する法律(農地法や農業経営基盤強化促進法)に基づき、
市町村の農業委員会の許可が必要になります。
 この許可は基本的には農地を売る、貸す者の要件が問われるのではなく、
買う・借りる者の要件が問われます。

 その要件とは下記の①~⑤までです。

合理化のイメージアイコン

農地の権利移動の要件(買ったり、借りたりするには)

  • 1
    全部効率利用要件
    農地の全てを効率的に利用して耕作を行うこと
  • 2
    地域との調和要件
    周辺の農地利用に悪影響を与えないこと
  • 3
    下限面積要件
    経営面積の合計が原則50a以上(北海道は2ha以上)であること

    農業委員会がこれより低い面積を定めている場合がありますので、ご確認ください。

  • 4
    農作業常時従事要件
    個人の場合は農作業に常時従事すること
  • 5
    農地所有適格法人要件
    法人の場合は農地所有適格法人であること

質問農地の処分方法は貸したい?売りたい?